[掲示板に戻る]
過去ログ[1]

過去ログ:
ワード検索: 条件: 表示:


[81] 新成虫のご紹介-1 投稿者:店主です。 投稿日:2006/04/17(Mon) 17:37
 4月17日はまず先日も下で紹介しました81mm直子の74ミリの中歯君からスタートです。
 この兄弟は他にも3匹生まれていますが全部がいまのところ内歯が横を向いています。 種親が特大のためでしょうが74ミリくらいではこのように生まれるのでしょう。 この後には30gUPの幼虫も数匹控えていますので楽しみです。
[Res: 81] 2番目は・・・ 投稿者:店主です。 投稿日:2006/04/17(Mon) 17:41
 おうち家・B血統のNo.2ライン(種親:74ミリで頭幅が27,3ミリある種親)のインライン成虫です。 この系統は今年の冬ズッボラセットの作業のために室温を26度でキープしたためにおよそ7ヶ月で生まれてきました。 兄弟は他に4匹生まれていますが、私のミスで全てがかなり小さくなってしまいました。 ただ小さいもののやはり“血の良さ”を感じさせてくれる個体です。 画像の個体は68ミリくらいしかありませんがご覧のような形です。 小さくてもショボショボ個体はいませんね。
[Res: 81] 3番目は・・・ 投稿者:店主です。 投稿日:2006/04/17(Mon) 17:53
超阿古マニアの皆さんでもこの系統だけはほとんどの方が持っていない系統です。 SG・80mmとAL81mm系統のクロスラインです。
 この系統はすでに2匹生まれていますが、これまでの超阿古谷系統にはちょっと見られないようなあごの形状をしています。 この形は種親のSG・80ミリの流れを引いたもので下で紹介しました個体にも受け継がれています。 私は個人的にはいままで自分の目で見て手に持った個体のなかでは、美しさならSG80mmが日本一で迫力なら上田さんと服部さんの82ミリ(AL81系)が日本一だとおもっています。 76,7ミリを超えて太くて頭も大きくバランスの良い個体でなければダメなんです。 75mmそこそこの虫なら掃いて捨てるほどいますから・・・
 これからのブリードの中心は恐らくこのSG/AL系統の♂親やAL81系、さらにはおうち家B血統を置いて進めると思います。
 今回ご紹介している個体もあごが非常に美しくバランスが極めて良い個体であごの厚みもあります。 サイズは74ミリくらいしかないのでこの後の個体にも期待しています。 すでにAL系で52ミリのメスが生まれていますが、このオスの最初の交配相手にはAL81系の52ミリのメスを選択して交配します。 恐らく次がかなりの線に来るものと思われます。
 このラインは恐らく販売できるのは4、5ペアくらいにしかなりません。 ご要望がありましたら早めにお伝え下さい。
(SG系統は名古屋のMさんがブリードされておりますので10ペアくらいはあると思います。 こちらもSG80mmの直子です。)

[79] SG×AL系統の最初の羽化個体。 投稿者:店主です。 投稿日:2006/04/03(Mon) 15:15
 まずはSG・AL系統の個体を紹介します。 サイズは72ミリくらいで特に太いということもなくしょぼいこともない個体です。 横からの画像がありませんがあごの厚みは超阿古系統の太さを持って生まれています。 兄弟のオスが少ないのと特に大きなオスが当方にはいませんのでMさんと埼玉のOさんのところにいる個体に期待します。 次が生まれたらまたご紹介しますね!   この後に81mm直子の個体を載せます。
[Res: 79] おうち家・A血統の81mm直子兄弟 投稿者:店主です。 投稿日:2006/04/03(Mon) 15:20
 こちらが作りたくてもなかなか出来ないのでは? とお話した個体です。 どちらも74ミリ以上あるのですが片方は左側の画像からわかるように“中歯”なのです。 さすがに超のつく大型血統だけあって74ミリくらいで生まれてくるとこのように中歯になるものが結構あるようです。 最初の方の羽化個体でこれですので今後は大いに期待できそうです。
 中歯マニアの方々には垂涎物でしょうか・・・ いずれ右側の個体は販売しますのでお楽しみに!!
[Res: 79] Re: SG×AL系統の2,3番目の羽化個体。 投稿者:店主です。 投稿日:2006/04/30(Sun) 21:58
 参考画像・70mmです。
[Res: 79] Re: SG×AL系統の3番目羽化個体。 投稿者:店主です。 投稿日:2006/04/30(Sun) 21:59
 こちらは72ミリくらいですが素晴らしい形をしています。

[78] 今期最後の3本目への入替! 投稿者:店主です。 投稿日:2006/03/07(Tue) 15:57
 おうち家・A血統の81mmラインの最後の3本目への入替を行いました。  すでに最初のころ3Lボトルに入れたものが羽化していますが、それは31gあってかなりの個体が生まれてきました。(作ろうと思ってもまず出来ない、というものです。) 最後もまたまたの30gオーバーでした。 この系統だけはちょっと重さが違いますね・・・これまでに数々の幼虫を見てきましたが、平均が30g近くあって標準偏差も5g前後です。 なかなかでないレベルでしょう。 覚えていらっしゃる方もおいででしょうが、この系統の親の81mmの兄弟はアリスターさんが飼育されて12匹のうち4匹が80mmオーバーで羽化しましたので当然といえば当然かもしれません・・・私の飼育の腕前はたいしたことないので恐らくこれだけ30g以上の幼虫がいても80mmオーバーは1,2匹出ればよいほうでしょう。
 結果がわかるのが怖い・・(でも第1号はいけてますよ!) 

[75] ちょっと変わった画像・・ 投稿者:店主です。 投稿日:2006/02/13(Mon) 14:38
 本日お届けするのは、すぼらセットに使うカワラ材をカット&天日乾燥しているところの画像です。 こちらは東京にお住まいの“超大型♀を作らせれば日本一”と評判の、いや私だけがそう思っているのかも知れませんが、とある知り合いの方にお願いされているズボラセットの下準備をしている段階でのものです。 3月の初旬の納期にあわせていまから準備をしているのですが、このカワラ材がポイントです。 巷には当方のマネをして作ったことがバレバレの商品も出ていますが、はっきり申しまして中身が違う! 使うかわら材はエノキとシデの極上物だけを選別しまして使います。 切り口を見ていただければお分かりいただけるでしょう。 前にも販売した時に書きましたが、このレベルは芸術的・・まず簡単には作れないレベルですのでここに手がかかっているのです。 ズボラセットの値段は安くはないのですが、使っていただいている方にはその効果はお分かりいただけたはずですから。  産みにくいといわれている超阿古谷血統でも産みすぎて困ったこともあるほどです。 全てがそうなるとは言いませんが、普通の産卵セットではここまでの効果はないと思います。 このところすでにお一人で10個とか7個とか8個とかご注文をいただいておりますのでカワラ材の在庫の方も少なくなってきました。 ご入用の方はお早めに連絡をしてください。 4月の中旬には完全にカワラ材の在庫がなくなります。 (すでに一般販売の分はクヌギのみです。) 
 ズボラセットで7セット組むと仮定しますと予想としては、少なくて200匹、最大で450匹くらいが取れるでしょう。 (管理しきれなければ私にプレゼントされますのでいっぱい取れるようにさらに工夫して仕込みます! ・・さん! お楽しみに!! )
[Res: 75] チャボ谷くん・インラインの割り出し-1 投稿者:店主です。 投稿日:2006/03/02(Thu) 22:12
 ちょうど上にズボラセットの下準備の画像がありますのでその続きで書きます。 
 今夜は1月中旬にセットしたチャボ谷クンのインライン系の割り出しを行いました。 すでに外から幼虫が見えていたのでまあ20〜30匹くらい取れているかな? という感じでした。 最初にお届けする画像は割り出す前のケースを外から見たところです。 こんな感じであれば大体ですが20〜50くらいは中にいるんです。  すでに多くの皆様にお届けしていますが、採卵する時期は国産オオクワガタといえども温度管理をしているのであればあまり関係ありません。 私は何回も書いていますが5,6月にはなるべくブリードしたくないので秋から冬にかけてやっております。 セットした時期は真冬の1月ですがメスさえ成熟していればご覧のように沢山産卵します。  また多少割り出しが遅れても大丈夫なので文字通り“ズボラ”な私向けなんです。 
[Res: 75] つづきです。 投稿者:店主です。 投稿日:2006/03/02(Thu) 22:19
 次にお届けする画像は中の様子です。 一番上に示したような極上の芸術品レベルのカワラ材が中に入っていましてここにも沢山産んでいます。 今日の割り出しでは思ったよりも少なくて24匹でした。(通常見逃しと取り残しが出ますので大体30ちょっと位になるでしょう) 
 先日も親しくしていただいている彦根の方がその方の友達に58匹の幼虫を取り終えた♀をもらってメスを休ませてセットしたところ21匹取れたそうです。 ♀はまだまだ元気なようですので、マル秘の餌を作ってもらってメスを元気にしてさらに40匹くらい産卵してもらおう! という話も出ております。 うまくすれば先日の私のように3匹のメスから200匹くらいの幼虫が出ますし、1匹のメスからでも昨年は90匹取れた記録があります。 沢山取りたい方にはお勧めします!  
 と言う事で、爆産のズボラセットのお話しでした。

[74] たまには登場しないと・・ 投稿者:店主です。 投稿日:2006/01/20(Fri) 00:04
 こちらのコーナーも忘れられてしまいますね。 このところブリードの最盛期なのですが、まだ2本目までは到達していないのでラストに入れ替えるものの残りがちょっとある程度です。 今夜は初夏にブリードしました81mm×53mmの系統のオスで最後のほうに生まれてきている幼虫の交換を行いました。 すでに昨年下で30gオーバーを複数お見せしましたが、今夜の交換でも27gオーバーが数匹出てきました。 で、お届けする画像はその中でも最大の重さがあった幼虫のものです。 これだけは3Lスペシャルボトルに入りました。 今年の夏までさようなら!! です。