トップ > オオクワガタ OR ホーペ 80oUP作出者の声
#1 | #2 | #3 | #4 | #5 | #6 | #7 |

 オオクワガタ OR ホーペ 80oUP作出者の声

“BigなMonster” 念願の80mmオオクワガタをGET!!
奈良県 新 浩一 様

オオクワガタ歴わずか3年の素人ブリーダーの私が信じがたい事に国産オオクワガタ♂80mm(能勢F4)を無事羽化させることに成功しました。
この新成虫の種親は、♂73×♀48のペアで、1999年の春にペアリングとセットを行いました。そして、晩春に割り出しを行い、最初から菌糸ビンに投入、2本目で20gアップ、3本目で26gと順調に大きくなり、最終のエサ交換入れ替え時には29gにまでなり、願いを込めて入れ替えました。

この時にはすぐに蛹室をつくることなく、エサ食いも良かったので夢に一歩近づいた事を実感しました。 そして、今年の4月26日に巨大な蛹を確認し、無事羽化してくれる事を祈るばかりの毎日が続きました。待つこと30日余り、ついに記念すべきその日がやってきました。5月31日に菌糸ビンから羽化した成虫を慎重に取り出し、ノギスを当てるとメモリは80mmを少し超えたところを指していたのです。

私はプロブリーダーの皆さんのように夏場の温度管理まで細心の注意を払っていたわけではなく、また飼育しているクワガタの数も多くありません。(オオクワガタはこの1ペアだけです。)にもかかわらず完品の80mmを手にする事ができたのは、私の選んだ“スーパーモンスター”のおかげです。

参考までにですが、今回私が育てたオスの個体は80mmを筆頭に78、77、75、73、メスも全てが45〜50mmで生まれてきております。血統的バックグラウンドがよかったこともあるでしょうが、それで80mmアップが生まれてくるのであれば、すでにたくさん生まれていると思います。これはやはりエサの功績が大きいと思っております。(これらの全ての個体はスーパーモンスターを使っているからです。)

最高の菌床と添加剤を提供してくださった“クワガタのおうち屋”さんには、心から感謝しております。
最後にこの記念すべき80mmの固体を“ML80 by Shin”と名づけます。


出ました!! 福建省ホペイ80mm
茨城県 K .Y 様

飼育歴4年目(菌床飼育歴2年目)の素人ブリーダーの自分がホペイ飼育1年目にまさか80mmの超大型♂が羽化するとはビックリしています。

この新成虫の種親は♂72mm(ワイルド)、♀47mm(WF1)ペアで、2001年春にペアリング&セットを行いました。6月30日に割り出しを行い、最初から菌糸ビン1Lに投入、9月6日に2本目の菌糸ビンに入れ替えました。この時、見た目で25〜26gくらいあったと思います。

11月下旬から12月上旬に3本目のビン交換をするつもりでしたが、菌床がもちそうなので換えずに飼育することにしました。そして3月1日に巨大な蛹室の中の蛹を確認、無事羽化することを祈り、1ヶ月余り・・・そこには巨大な成虫が・・・。
成虫を慎重にビンから取り出しノギスを当てると、目盛りは80mmを少し超えたところを指していました。

ホペイ飼育1年目で大型を手にすることができたのはまさに“スーパーモンスター”のおかげだと思っています。


おうち屋専属・最強のブリーダー HOPEI マニア氏
HOPEI MANIA Mr. T

なぜか出てしまった80mm (本当は82mmの予定だった・・・)大型作出は手をかけないのがコツ!!
次は83mmか?・・・ (※ 78mmくらいではクズ扱い!!のすごい人ですよ・・・店主談)