トップ > 師匠の部屋 #28
#1 | #2 | #3 | #4 | #5 | #6 | #7 | #8 | #9 | #10 | #11 | #12 | #13 | #14 | #15 | #16 | #17 | #18 | #19 | #20 | #21 | #22 | #23 | #24 | #25 | #26 | #27 | #28 | #29 | #30 | #31 |

 2009年   ジュニアオリンピック観戦記

 毎年10月末の週末3日間横浜の日産スタディアムで全国から中学生が集まって中学生の陸上競技の大きな大会が行われます。

  小学生であれば8月に行われる日清製粉主催の全国大会(日清カップ)、中学生であればこのジュニアオリンピック、高校生になるとインターハイが一つの大きな目標になります。  実際に陸上競技をされていた方々、お子様が陸上競技をされている皆さんにはわかっていただけるでしょうが全国レベルの大会に出場できるようになるまでの道のりが大変です。 わかりやすく他のスポーツで例えるとすれば“野球の甲子園大会”でしょうか?   まず都道府県の選考大会で1番の成績をGETしなければならないのですが競技者の多い競技・種目ではこれが本当に大変・・・・。 小学生のときのように素質だけで通用するほど甘くはないですし怪我の心配もありますから子供よりも親のほうが大変かも知れません。   今年で3年連続でこのような全国大会に出場でき、大変ですが楽しませてもらっています。  いままで一度もご紹介したことがありませんでしたので色々な画像を交えてご紹介します。

これからご紹介するのは競技場です。 新横浜駅から徒歩20分、車で3分くらいの大変便利なところにあります。 ジュニアオリンピックの開催される10月末の3日間は街中が色とりどりのユニフォームを身に着けた中学生のアスリートだらけです。  しかし・・・都道府県レベルの大会で出会う選手たちとはやはり違います。  どの選手も“強いぞオーラ”、これが凄く漂っているのでちょっと違います。 店主(私)は陸上競技をやっていたわけではないので完全に客観的見解ですが一味違う雰囲気を感じ取ることができます。
大きな大会に使われる競技場には必ず調整用のサブトラックが併設されています。 競技に出場する選手たちは本番前にそちらで軽く練習をしたりウォームアップをします。


次女の出場したハードル競技は日曜日の午前中に行われました。 朝6時におきて9時に競技場に入りウォームアップを始めました。 あいにくの小雨の天気でしたがサブトラックで身体を温めます。


ウォームアップを終えて競技開始の30分前には召集所に入って登録をします。 ここでゼッケンとスパイクシューズなどの点検も行われます。  この場所に入ってしまうとコーチも保護者も誰も入れません。 ここで競技開始までの時間を選手は待つことになります。


 いよいよ次女の競技が始まります。  場内のヴィジョンで紹介されつつ競技が始まります。
スタートは上手ですが高く飛んでいたようですね・・後で見るとよくわかります。  次女の出場した3組は特に速い子達が集まっていたようでした。 それにしてもこんな位置を走るのを見たのは初めてのこと・・・さすがに全国大会ですね。   コンディションも悪かったのですがよくやったほうでしょう。 全体で29番目の成績でした。




ジュニアオリンピックが行われる日程にあわせてリレーの日本選手権も行われます。  2日目に長男の通う慶応大学の選手たちも登場しましたが予選落ちしてしまいました。  ちなみに私の母校は男子リレーでも女子のリレーでも上位に入賞しました。  今年も昨年と同様によく知っている大阪の有名な女子高校の有名選手たちが出場することを知っていました。  この選手たちは長男の出場した1年前の近畿インターハイ予選でも圧倒的な強さで勝ちましたがその主力選手たちがそのまま残っているのでどうしても見たかったのです。 3日目の最後に行われる決勝に登場! おそらく丹野選手・青木選手のいるナチュリルとの一騎打ちだろうと予想しまして近くまで降りていって観戦しました。  次女の出場するレースを除くと今回はこのレースが一番楽しみでしたが楽しみにしていただけあって本当に凄い展開でした。   結果の画像をご覧いただくとわかりますが高校生のチームが日本代表を3人擁するナチュリルと1秒弱の差で2位!! 大学生チームや社会人チームでも歯が立たない強さなのです。  さすがインターハイ4連覇するだけはあってこのまま日本代表にもなれそうな素晴らしいチームでした。
このレースを目の前で見られただけでも今回は出かけた価値はありました。 



 最後にご紹介するのは昨年も一緒に撮影した滋賀県の短距離選手たちと一緒にいる次女、さらに帰り道でダミオ君と記念撮影したものなどをご紹介します。     最後の最後に大きく紹介させていただくのが今回のBIG−SHOT! 陸上競技をやっている人であれば誰だかお分かりになるでしょう! ナイキのブースにいらっしゃったのを偶然次女が目ざとく見つけ記念撮影をお願いしました。     昨年は丹野選手にお願いしましたが今年も!!!な選手に出会えて大変喜んでいました。
どうもありがとうございました!!!