トップ > 師匠の部屋 #25
#1 | #2 | #3 | #4 | #5 | #6 | #7 | #8 | #9 | #10 | #11 | #12 | #13 | #14 | #15 | #16 | #17 | #18 | #19 | #20 | #21 | #22 | #23 | #24 | #25 | #26 | #27 | #28 | #29 | #30 | #31 |

 恒例の木ノ本地蔵盆

8月の23日〜25日の3日間は毎年地元木ノ本で有名な地蔵盆の縁日が開催されます。
木ノ本地蔵は日本3大地蔵の一つで、この縁日には毎年10万を超える人がやってきます。 木ノ本駅を降りて地蔵があるところまでの300メートルの坂道の両側には所狭しといろいろな屋台が出店します。 当方もいつも親しくお付き合いさせて頂いている木の本のこうちゃんとコウジさんの3人で出店しました。 昨年も3日目にして用意した300ペアを全て売り切りましたので今年は気合を入れて800匹を用意し、万全の体勢でのぞみました。

ご紹介する画像は昼間駅の前から坂道を撮影したもので、遠くに見える山の麓までこのような感じの屋台が並びます。


1日目の夜はドルクス滋賀の幹部の皆様が手伝いにやってきて下さいました。 左が先日82mmを撮影して頂いたMさん、そして左から2枚目がお客様に虫の説明をするこうちゃんと会長のYさん、右端の画像が本職顔負けの腕前でがんばるこうちゃんです。


左の画像は1日目、2日目と最終日においで頂いた虎姫町のMさんご一家です。 最終日には最後まで残っていた虫を全て買って下さり現場に居合わせた一同目が点になりました。 今年で4年目ですが、ここまで豪快な方ははじめてで、楽しく過ごさせて頂きました。 ありがとうございました。

右端の画像は一生懸命売り込むこうちゃんです。 何故か子供でなく母親の方に・・・


3日目は我々もビックリさせて頂きましたが、超阿古本家のMさんがはるばる名古屋から何の前触れもなく突然飛び入りで手伝いに参加して下さいました。 全く予想もしていない展開に嬉しいやらビックリするやら・・・  Mさんがくるとわかっていたらきっと他の皆さんはこの日に合わせて来て下さったことでしょう。 撮影はしませんでしたが、京都からBさんご一家にも差し入れを持ってきて頂きました。 また、ケロケロ君も昼間に手伝いに来てくれました。 いろいろな皆さんのご協力のおかげで今年も何とか無事に終わることが出来ました。 ありがとうございました。