トップ > 師匠の部屋 #15
#1 | #2 | #3 | #4 | #5 | #6 | #7 | #8 | #9 | #10 | #11 | #12 | #13 | #14 | #15 | #16 | #17 | #18 | #19 | #20 | #21 | #22 | #23 | #24 | #25 | #26 | #27 | #28 | #29 | #30 | #31 |

 師匠の部屋 ズボラセットのご紹介

今回は最近店主がお気に入りの“ズボラセット”を紹介します。

 上の画像をご覧頂きたいのですが、まずホダ木サイズより二周りくらい大きなカシもしくは、エノキのカワラ材とコバエシャッターの中ケースを用意します。 カワラ材はカラカラに乾燥させて皮をむいておきます。そのカワラ材をコバエシャッターの中に1本入れて、ブロックを崩し上部を少し出すくらいに埋め込んでしまいます。 セットを作って5日間くらいで菌が回り真っ白になります。 その状態で半月ほど寝かせます。 その後、交配済みのメスを入れてゼリーも高蛋白なものを3つくらい入れてセットします。

 一番下の段の3つの画像が2ヵ月後の様子ですが、このサイズでも20匹以上の幼虫が生まれております。 早いものでは2令になっているものもあります。 ほったらかしにしておいても幼虫は材の中へと食い進んでいきますので、4ヶ月くらいはほったらかしにしても大丈夫です。 ただ、メスをそのままにしておくと2令以降の幼虫を食べることがありますので、初令幼虫が確認できたらエサを食べに出てきている時を見計らって取り除いて下さい。

 4ヶ月経つと菌床は劣化してきますが、余分な水分をカワラ材が吸収しますのでべたつくことはありません。 スペースと時間のない方にはうってつけのセットと言えるでしょう。

 ご希望の方にはお作りしますのでご連絡下さい。


今回も競馬コーナーの方でお約束した画像です。
こちらは土曜日の万馬券ゲットの画像です。 日曜日のマイルチャンピオンシップの3連複もゲットしておりますが、体の具合が悪かったため撮影するのを忘れました。 競馬コーナーの方をご覧頂ければ店主が3番のギャラントアローをプッシュしていたことはお分かり頂けたでしょう。 この3本の万馬券で今年のゲット数も30を超えました。 この調子で後10本くらいは取りたいですね。


上の画像は11月29日に行われたジャパンカップダートの的中の証拠写真です。
 東京の大師匠からの指示で5番からの馬単を購入し、3連複とダブルで的中しました。 また日曜日には珍しく障害レースで3連複も的中し、先週に引き続き今週も土日で3本の万馬券をゲットしました。 11月30日現在での的中本数は34本となりました。 3連複が当たっておりますのでかなりの回収率を計上しております。

 日曜日のジャパンカップは頭差に泣きましたが、今週も上の3本の万馬券ゲットでプラスで終わりました。